ベートーヴェン 「交響曲第5番《運命》」

ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(1770年12月16日頃 - 1827年3月26日) 【ドイツ】

音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ベートーヴェン 「交響曲第5番《運命》」について

ジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!ジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!で超有名なベートーヴェンの交響曲第5番《運命》。
誰でもこの出だしの繰り返しのフレーズは知っているのではないでしょうか。

《運命》という題名は愛称で、弟子のシントラーの伝記に書かれた内容からそう呼ばれるようになったものだそうです。シントラーの伝記によると、シントラーはこの交響曲第5番を聴き、ずっと繰り返されるジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!というフレーズについてベートーヴェンに質問したそうです。するとベートーヴェンはこう答えました。「運命はこのように扉を叩く」

本当にベートーヴェンがそんなことを言ったのかどうかは定かではないのですが、この心象的なジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!の響きはまさに運命が扉を叩く音に聞こえますね。この冒頭から繰り返されるフレーズは「運命動機」と呼ばれ、最終楽章まで少しずつカタチを変形させながらもずっと繰り返されていきます。

クラシック初心者の方はベートーヴェンの「運命」と聞くと、第1楽章の冒頭部分の困難めいた重圧感たっぷりのジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!というフレーズばかりイメージしてしまうかもしれませんね。
でも、この曲の本当の聴きどころは、後半部分、第3楽章から第4楽章へかけて力強く圧倒的に飛翔していく高揚感にあると思います。とっても前向きでポジティブにさせてくれる曲なんです。ぜひ聴いてみてくださいね。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



こちらの映像は、パーヴォ・ヤルヴィ指揮&ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメンによる古楽器を含んだスタイリッシュな演奏ですね。

名盤CDセレクション

指揮:カルロス・クライバー 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1976年 アナログ) 
天才カルロス・クライバーによる名盤中の名盤。出だしから鬼気迫るような音に打ちのめされます。カルロス・クライバーは数枚しか録音は残さなかったのですが、ウィーン・フィルとの演奏会での録音のこの演奏は凄まじい迫力ですね。あまりに凄過ぎて、僕はこの演奏を聴いていると、どっと疲れてしまいますけどね^^
つまり耳を集中せずにはいられないほどのものすごい演奏だということです。

アマゾンで確認


指揮:パーヴォ・ヤルヴィ 演奏:ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメン

(録音:2006年 デジタル) 
先ほどのYouTubeでもご覧いただけるように古楽器とモダン楽器の両方を使用した演奏です。筋肉質なんて称される演奏ですが、とても引き締まって、ひとつひとつの音が明確に伝わってきます。SACDハイブリットなので、高音質5チャンネルでの再生環境があると、あたかも演奏会にいるような臨場感を味わうことができますね。もちろん普通の2チャンネルCD再生でも充分楽しめます。

アマゾンで確認


指揮:クラウディオ・アバド 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:2000年 デジタル) 
アバドが2000年に行ったベートーヴェン交響曲全曲演奏のライブからの録音です。アバドはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮しながらも、重厚感のあるベートーヴェン像とはひと味違う、洗練された響きのある演奏を打ち出します。細部の一音一音までが鮮明に響くサウンドに、新たなベートーヴェンの音を発見するかもしれません。おすすめです。

アマゾンで確認


指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1975-77年 アナログ) 
4つあるカラヤンのベートーヴェン交響曲全集のうち最高とされる70年代版です。カラヤンが納得いくまで何度も試聴を重ね録音されたもので、ライブ演奏とは違うカラヤン流の美学がここにはありますね。「運命」演奏としては少し華麗な感じで、人生の苦悩感などが表現されているか感は少ないのですが、初心者の方が聴くには安定間のあるカラヤンの演奏はオススメできると思います。輸入版CDがとてもお得です

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ