ブラームス 「交響曲第1番」

ヨハネス・ブラームス ヨハネス・ブラームス
(1833年5月7日 - 1897年4月3日) 【ドイツ】

ヨハネス・ブラームスは、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者である。バッハ、ベートーヴェンと共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽の範疇に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。 一部には、ブラームスをしてベートーヴェンの後継者ととらえる人もおり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の交響曲第1番を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ブラームス 「交響曲第1番」について

ブラームスはこの交響曲1番を作曲するのに20年もかかったといいます。
すでにハンガリー舞曲などのピアノ作品とその管弦楽曲版で作曲家として高い評価を得ていたにもかかわらず、なぜ交響曲ひとつを作るのに20年もの歳月が必要だったかというと、それはあまりにも偉大なベートーヴェンの9つの交響曲があったからです。

ブラームスはベートーヴェンをとても尊敬していました。なので交響曲を作るにあたりベートーヴェンの交響曲と同じレベル、あるいはベートーヴェンの交響曲と肩をならべて恥ずかしくないレベルのものでないといけないという強いプレッシャーを感じていたのです。

しかしさすがに20年も考えに考えぬいただけの成果はありました。ブラームスはこの交響曲1番は、ベートーヴェンの交響曲第10番と称されるほどの素晴らしいものになったのです。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:レナード・バーンスタイン 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1981年 デジタル) 
さきほどのYouTubeの映像でもありましたバーンスタイン&ウィーン・フィルのブラームス「交響曲第1番」です。ライブ録音でありとても熱い演奏でありながらもしっかりとまとまっていますね。

アマゾンで確認


指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1987年代 デジタル) 
ブラームスの交響曲全集です。80年代のデジタル録音を集めたものですが、CDの収録時間の関係で交響曲第4番のみ70年代版が収められています。スタジオ録音による安定した演奏ながら、圧倒的な力強さとスケールの大きさで魅せてくれます。初心者さんにもオススメです。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ