ブラームス 「交響曲4番」

ヨハネス・ブラームス ヨハネス・ブラームス
(1833年5月7日 - 1897年4月3日) 【ドイツ】

ヨハネス・ブラームスは、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者である。バッハ、ベートーヴェンと共に、ドイツ音楽における「三大B」とも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽の範疇に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。 一部には、ブラームスをしてベートーヴェンの後継者ととらえる人もおり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の交響曲第1番を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ブラームス 「交響曲4番」について

ブラームスは生涯で4つの交響曲を残しました。つまり第4番はブラームス最後の交響曲ということですね。偉大なるブラームスが残した最後の交響曲はあまりにも美しすぎるメロディのなかから繰り広げられるあまりにも激しい躍動に圧巻です。ブラームスの大きさを感じます。素晴らしいです。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



指揮:カルロス・クライバー 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1980年 デジタル録音)
天才といわれた指揮者カルロス・クライバーが残した数少ないCDのひとつです。あまりにも激しい躍動感に少し頭がクラクラしてしまいます。奇跡の演奏と呼ばれるほど名盤中の名盤とされています。

アマゾンで確認

指揮:クラウディオ・アバド 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1989年 デジタル録音)
アバド&ベルリン・フィルのブラームスは、細部の音まで鮮明でいて、緻密であり、躍動感に満ちた素晴らしい演奏になっていますね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ