オーディオディスクの種類(CD/SACD/BD-AUDIO)


近年、CDやその他のオーディオディスクにいろいろな種類のものが増えてきています。なかには普通のCDなのに、「あれ?これCDなの?違うの?」っていうややこしいものもあります。

もしも間違ってCDと違うものを買ってしまうと自分の家のプレイヤーでは聴くことができなかったりと悲しいことになってしまいますので、そのあたりを少し整理しておこうかなと思います。

CD(コンパクトディスク)

cd

さてCDはみなさんご存じだと思うのですが、近年この普通のCDのなかにも音の良いCDというものが登場してきました。

それがSHM-CD(スーパー・ハイ・マテリアルCD)・HQCD(ハイクオリティCD)、Blue-spec CD(ブルースペックCD)の3種類です。

「これ一体何? 普通のCDなの? 普通に聴けるの?」って感じなのですが、これらは普通のCDです。サンプリング周波数もビット数もまったく普通のCDと同じです。いわゆるハイレゾ音源ではありません。なので普通のCDプレイヤーで問題なく聴くことができます。

ではなぜそんな高音質みたいな謳い文句を言っているのかというと、ようするにCDのプラスチックの素材を改良して透明度を高くして、より正確にデジタル信号を読み取れるようにしたものだからです。

簡単に言ってしまうとプラスチックの素材が違うだけの普通のCDです。

少し仕組みを説明すると、CDはプラスチックの円盤の内側に刻み込まれた凸凹を赤い光で読み取っています。凸凹を’0’と’1’のデジタル情報として置き換えて音に変換するわけです。しかしCDのプラスチックの透明度が悪いほど、この凸凹を正確に読み取るのが難しくなります。そうすると正確な音が再現できないわけです。

そこで最先端技術のプラスチック(高分子ポリカーボネートなど)を使うことでより正確に凸凹を読み来れるようにしたのがSHM-CD・HQCD、Blue-specCDなわけです。

どうしてこの高音質素材のCDが3種類もあるのかというと、これは単純にメーカーの都合です。3つのメーカーがそれぞれ違う素材を使って、それぞれ違う名前をつけているだけです。メーカーが違うだけでやろうとしていることはほとんど同じなんです。(ややこしいからこういうメーカー側の都合でいろんな名前をつけるやめてほしいですね)

では、プラスチックの素材を変えただけで音がどれだけ変わるのかが気になる方もいると思います。。実はそういう人のために音質を聴き比べるCDが売られています。


HQCDで聴く高音質クラシック


これがSHM-CDだ!クラシックで聴き比べる体験サンプラー VOL.2


聴き比べ体感! Blu-spec CD2×CD ベスト・クラシック100編

これらのCDは同じ内容のものが普通のCDと高音質素材CDで2枚セットになっています。なので交互に聴いてみて、その音の違いを確かめてみるというわけなんです。

僕は3種類ともこの聴き比べをしましたが、どれも明らかに音はクリアになります。でも古い録音のものは顕著に違いを実感できるのですが、最近の録音のものはそんなにはっきりとした差は感じられないかなって思いました。

また、普通のCDラジカセでも聴き比べしてみましたが、ほとんど同じでした。なのである程度のオーディオの性能がないと、あまり顕著な体感はないのかもしれません。

こういう聴き比べをするときは、あえてその違いを聴き分けようとするので、変に疲れてしまいますね。なので、僕はあんまり高音質素材のCDだろうが普通のCDだろうが意識しないようにしています。普通に音楽を楽しむことが一番大切ですからね。

ちなみCDが透明であれるばあるほど正確な音が再現できるわけですが、そこを目指した究極のCDとしてガラスCDというのが発売されています。プラスチックではなく、ガラスでできています。これは限定生産もので数万円もするCDなので、よほどのマニアの人としか持っていないものです。僕や一般の人にはあんまり縁のないものかなと思います。

Blue-specCDはブルーレイで開発したポリカーボネート素材が使われているためこのようなネーミングになったようです、正直なところブルーレイと勘違いされやすい紛らわしい名前をつけるのはやめてほしいですね。Blue-specCDは普通のCDです。お間違いのないように。


SACD(スーパー・オーディオCD)

sacdpng

これもCDと名がついていますが、さきほどまでのものとはまったく違いCDではありません。まったく別ものです。これは普通のCDプレイヤーでは再生することができません。スーパー・オーディオCD専用のプレイヤーが必要です。

また、普通のCDよりも高い周波数の音まで再現できたり、複数のスピーカーで音を出したりもできるものなので、それに対応したアンプやスピーカーを持っていないと意味がありませんのでご注意ください。

普通のCDがPCMという録音技術を使っているのに対し、スーパー・オーディオCDはDSDという録音技術を使っています。これによりCDよりもよりアナログに近い音が再現できます。

あまりにも一般への認知度が低いため、ソフトもあまり充実していませんが、やはりCDと比べるとスーパーな音が楽しめます。

ハイブリットディスクといってスーパー・オーディオCDと普通のCDが一枚のディスクのなかに収録されているものがあります。こちらだとスーパー・オーディオCDとしても、普通のCDとしてもどちらでも聞くことができます。


BD Audio(ブルーレイディスク オーディオ)

bd-audio

これは2013年頃からようやく発売されてきたものです。ブルーレイというのはみなさんご存じのように映画だったり地デジを録画したりするときに使うやつです。あのブルーレイの映像なしバージョンってことです。

ブルーレイは圧倒的な情報量が記録できるメディアであり、サンプリング周波数にしてもビット数にしても大変高音質な音を記録することができます。さきほどのスーパー・オーディオCDは圧縮タイプのDSD方式なのですが、ブルーレイを使ったオーディオは非圧縮のPCM方式なのが特徴です。

まとめ

最近ではこのようなCDの音質を超えるサンプリング周波数やビット数により録音された音楽をハイレゾ音源なんていったりしていますね。

CDを使わずにネットから直接ハイレゾ音源を入手して聴くPCオーディオなんていうのも盛んになってきています。

但しこれらのハイレゾ音源は、アンプやスピーカーもそれに対応していないとは聴くことができません。また、ハイレゾ音源になればなるほどアンプやスピーカーの性能もとわれてしまいますね。

僕は、一般の方が普通に音楽を楽しむ分にはCDの音質でも充分に最高な音なのではないかなと思っています。

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ