ワーグナー 「管弦楽曲集」

リヒャルト・ワーグナー リヒャルト・ワーグナー
(1813年5月22日 - 1883年2月13日) 【ドイツ】

歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者である。ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ワーグナー 「管弦楽曲集」について

ワーグナーは舞台音楽劇(オペラ)を中心に活躍した作曲家ですね。

ワーグナーはそれまでのオペラとは違う新しい舞台音楽劇を作り出しました。基本的に劇のあいだは幕が降りるまで音楽が途切れることはありません。

舞台の情景や雰囲気、登場人物の心の変動までもすべて音楽として表現することに挑み見事にそれを実現しています。そういう意味では現代の映画音楽やミュージカルに近いかもしれませんね。

そのためワーグナー以前のオペラでは歌ごとに観客は拍手をするのですが、ワーグナーの作品では幕が降りるまで観客は拍手をしてはいけないというルールがあります。

ワーグナーはそれまでのオペラの概念を一新するような新しい舞台音楽劇のアイデアを次々に導入しました。例えば、一人一人の登場人物やモノにそれぞれテーマフレーズを与えることにより、その登場人物が登場したり、会話のなかで話題にあがるたびにそのフレーズが鳴ることによって、音楽だけで登場人物やモノを想起させるという手法は近年の映画「スターウォーズ」などでも見られるものですが、この画期的なアイデアもワーグナーが始めたもののようです。

さらにワーグナーは作曲家としてよく知られていますが、実は音楽だけではなく、台本もワーグナー自ら執筆していたし、舞台の演出もしていました。舞台に関してマルチな才能を持った人物だったということですね。

そんなワーグナーのオペラ作品(※)の音楽のなかから、序曲(劇のオープニングの曲)や間奏曲などからオーケストラ演奏のみをセレクトしてCDにしたものが「管弦楽曲集」というわけです。

※ワーグナーはもはや自分の作品はオペラとは呼ばず、楽劇(がくげき:music drama(ムジーク・ドラマ=ミュージック・ドラマ)と呼んでいました。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!


楽劇”ニーベルングの指輪”より「ワルキューレの騎行」

名盤CDセレクション

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1974年 アナログ録音)
カラヤンはワーグナーがとても得意な指揮者だったそうです。ワーグナーの未亡人もその噂を聞きつけ、カラヤンの演奏を聴きにきたそうです。絶頂期のベルリンフィルとともに成熟した感のある見事なワーグナーですね。何度聴いても身体の奥底から沸き立つようなパワーをもらえる演奏です。こちらをカラヤン&ベルリンフィルの管弦楽曲集第1集と第2集をセットにした2枚ものです。
第1集と第2集それぞれ別CDでも売っています。(注意:このCDには「ワルキューレの騎行」は収録されていません)

アマゾンで確認

おすすめオムニバスCD

指揮:メータ, ショルティなど 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


こちらはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のワーグナー演奏を集めたオムニバスCDです。曲によって指揮者はバラバラなのですが、ショルティ指揮の「ワルキューレの騎行」も収録されていますし、初心者の方にはこういうCDはかなりおススメだと思います。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ