モーツァルト 「セレナード第13番≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫」

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
(1756年1月27日 - 1791年12月5日) 【オーストリア】

古典派音楽の代表であり、ハイドン、ベートーヴェンと並んでウィーン古典派三大巨匠の一人である。 《引用:http://ja.wikipedia.org

モーツァルト 「セレナード第13番≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫」について

この曲のメロディは知らない人はいないんじゃないでしょうか?ってぐらい超有名な曲ですね。4つの楽章のメロディがそれぞれ有名ですし、たぶんモーツァルトのなかでもピアノ曲などを除くと管弦楽曲のなかでは一番世間一般に知られている曲なのではないでしょうか? そのためか、逆に演奏するほうは難しいのかもしれませんね。あまりにも有名なメロディだと、あんまり指揮者や演奏者の個性を出してしまうと「それは違う!」って怒られてしまいそうですからね。

と、いうことであまり名盤CDがないのも、この曲の特徴?なのかもしれません。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

演奏:オルフェウス室内管弦楽団

(録音1985年 デジタル録音)
モーツァルトの有名どころの曲をまとめた感じのCDなので、どれもとても小気味の良いさわやかで快活な演奏で好感が持てます。これぐらいの少人数編成の室内楽曲ならば、オルフェウス室内管弦楽団のように指揮者はいなくても、楽団の目配せだけで、息を合わせて演奏することができるんですね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ