ベートーヴェン 「交響曲第6番《田園》」

ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(1770年12月16日頃 - 1827年3月26日) 【ドイツ】

音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ベートーヴェン 「交響曲第6番《田園》」について

「ジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!」でおなじみの運命(交響曲第5番)と同時に作曲された曲のようです。なので運命とはとても対照的な印象を持つ曲ですね。

ベートーヴェン自身がつけたタイトル「田園」が示すイメージそのままに、おだやかな空気の流れを感じさせる曲です。

本来、交響曲というのは4つの楽章から構成されるのが普通なのですが、この「田園」に関しては、5楽章から構成されています。

それぞれの楽章にはベートーヴェン自身がタイトル(標題)を書き残しています。

  • 第1楽章:「田舎に到着したときの愉快な感情の目覚め」
  • 第2楽章:「小川のほとりの情景」
  • 第3楽章:「田舎の人々の楽しい集い」
  • 第4楽章:「雷雨、嵐」
  • 第5楽章:「牧歌 嵐の後の喜ばしい感謝の気持ち」

それぞれのタイトル(標題)が示すそのままを、みごとに音で表現しているので面白いですね。第3楽章の陽気で楽しげに踊っているような人々の雰囲気や、第4楽章の雷や嵐の様子などを、誰にでもわかりやすい感じで初心者の方でも、曲のイメージをつかむのがとてもやさしいところがあると思います。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:ジョン・エリオット・ガーディナー 演奏:オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク

(録音:1993年 デジタル 輸入版) 
ガーディナーの交響曲全集です。古楽器による演奏で、ひとつひとつの楽器の音がくっきりと浮き出るような印象を持っています。聴きどころとして、第4楽章の嵐の表現などはまるで映画のワンシーンのようなスリルと迫力があり、とても面白いですね。輸入版はかなり安くてお徳です。

アマゾンで確認


指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1975-77年 アナログ) 
4つあるカラヤンのベートーヴェン交響曲全集のうち最高とされる70年代版です。カラヤンはひとつひとつの音をくっきりと浮き上がらせることより、オーケストラ全体の音を華麗に響かせる音作りを得意としているので、田園のような曲が持つ雰囲気にもまたマッチしやすい気がしますね。とても聴きやすいので、初心者さんには特にオススメです。輸入版CDがとてもお得です。

アマゾンで確認


指揮:クラウディオ・アバド 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:2000年 デジタル) 
アバドのベートーヴェン交響曲全集です。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮しながらも、カラヤンのような壮大な広がりがある音とは対照的な、ひとつひとつの音の粒を大事にていねいに扱う感じのある音づくりですね。古楽器ではなく、モダン楽器による、ベルリン・フィルという最高峰による、繊細でクリアなベートーヴェンサウンドが楽しめます。全集ではなく、バラ売もされています。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ