チャイコフスキー 「弦楽セレナード」

チャイコフスキー ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
(1840年5月7日 - 1893年11月6日) 【ロシア】

19世紀ロシアの作曲家。バレエ音楽「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」などで知られる。 《引用:http://ja.wikipedia.org

チャイコフスキー 「弦楽セレナード」について

チャイコフスキーがモーツァルトへの敬愛から書いた4楽章からなる曲ですね。

弦楽、つまりヴァイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの弦楽器だけで構成されたオーケストラによって演奏される曲で、交響曲よりも小規模なによる演奏形式になります。

かつて人材派遣会社のCMで第1楽章がつかわれていたので、変にCMの印象がついてしまっている方もいるかもしれませんが、とても素晴らしく美しい曲なので、おかしなCMのイメージは捨て去り、チャイコフスキーの響きの世界に浸りましょう。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

やはりチャイコフスキーといえば、カラヤンとベルリンフィルの評価が高いですね。カラヤンはチャイコフスキーに特にこだわった指揮者でしたね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ