ガーシュイン 「ラプソディ・イン・ブルー」

ジョージ・ガーシュウィン ジョージ・ガーシュウィン
(1898年9月26日 - 1937年7月11日) 【アメリカ】

アメリカの作曲家。ポピュラー音楽・クラシック音楽の両面で活躍しアメリカ音楽を作り上げた作曲家として知られる。通称『完璧な音楽家』。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ガーシュイン 「ラプソディ・イン・ブルー」について

アメリカが生んだ偉大なる作曲家ガーシュインは、「ラプソディ・イン・ブルー」をはじめ、「サマータイム(オペラ『ポーギーとベス』のなかの1曲)」など、ジャズとして演奏されることも多い名曲を残しましたね。

時として、これはジャズなのか、クラシックなのかという疑問を持つ人もいますが、ホントは音楽に境界線なんてないはずですよね。

ジャズ好きからもクラシック好きからも愛され続けている「ラプソディ・イン・ブルー」はまさに名曲中の名曲ですね。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:レナード・バーンスタイン 演奏: コロンビア交響楽団

(録音1959年 アナログ録音)
バーンスタインの弾き振り(ピアノを弾きながら指揮をする)による演奏です。さきほどのYouTubeの映像でピアノの弾いていた人、あの人がまさにバーンスタインさんですよ^^

アマゾンで確認


指揮:アンドレ・プレヴィン, 演奏: ピッツバーグ交響楽団

(録音1984年 デジタル)
プレヴィンによる弾き振りです。プレヴィンはジャズのピアニストでもあるので、ラプソディ・イン・ブルーのようなジャズとクラシックが融合したような曲はもっとも得意分野であるわけですね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ