チャイコフスキー 「バレエ《くるみ割り人形》」

チャイコフスキー ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
(1840年5月7日 - 1893年11月6日) 【ロシア】

19世紀ロシアの作曲家。バレエ音楽「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」などで知られる。 《引用:http://ja.wikipedia.org

チャイコフスキー 「バレエ《くるみ割り人形》」について

クリスマスの夜に起こる不思議なファンタジーのバレエのために書かれた曲です。
このバレエはね、着ぐるみのねずみと、くるみ割り人形が戦ったりするシーンなんかもあって、とっても面白いンですよ^^
音楽もまさに有名な曲のオンパレードです。「花のワルツ」など、クラシック音楽になじみがない初心者の方でもかならず知っている曲が2、3曲はあると思いますよ。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:ワレリー・ゲルギエフ 演奏:マリインスキー劇場管弦楽団

(録音1998年 デジタル)
テンポが良くとてもドラマチックなくるみ割り人形ですね。ゲルギエフ率いるマリインスキー劇場管弦楽団(旧名:キーロフ歌劇場管弦楽団)は、バレエやオペラを常に演奏しているオーケストラだけあって、バレエ音楽もお手の物ですね。もともとこのバレエ《くるみ割り人形》はチャイコフスキーがマリインスキー・バレエ団のために作曲しているものなので、元祖というか本家ってことですね。1枚のCDにおさまっているところも嬉しい所です。超おすすめです。

アマゾンで確認


指揮:サイモン・ラトル 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音2009年 デジタル)
ベルリン・フィルはバレエやオペラというものを実際に演奏しているオーケストラではないので、バレエ用の曲として聞くと少し違うのかもしれませんが、さすがベルリン・フィルだなって音で、くるみ割り人形の全曲が聴けるのは嬉しいですね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ