ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」

セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ セルゲイ・ヴァシリエヴィチ・ラフマニノフ
(1873年4月1日 - 1943年3月28日) 【ロシア】

ロシア帝国出身の作曲家、ピアニスト、指揮者である。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲第2番」について

のだめカンタービレでもとりあげられた名曲中の名曲です。
哀愁に満ちたメロディが深く胸を打ち、圧倒的な感動を呼びます。
辻井伸行が日本人で初めてヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで金賞を受賞した際に演奏した曲でもありますね。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



この映像は辻井伸行がヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで金賞を受賞したときのものですね。第1楽章です。

名盤CDセレクション

ピアノ:リヒテル 指揮:ヴィスロツキ 演奏:ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1959年 アナログ)
もはや名盤と言えば、これを聴かずして何を聞くのでしょう。リヒテルの奏でるピアノは力強く、圧倒的な世界を表現しています。最初の1音から、この曲の持つ独特の雰囲気に惹きこまれてしまいます。名盤中の名盤ですね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ