ベートーヴェン 「交響曲第3番《英雄》」

ベートーヴェン ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
(1770年12月16日頃 - 1827年3月26日) 【ドイツ】

音楽史上極めて偉大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。 《引用:http://ja.wikipedia.org

ベートーヴェン 「交響曲第3番《英雄》」について

ベートーヴェン 交響曲第3番《英雄(エロイカ)》は、僕の一番好きな曲です。
この曲から交響曲の歴史が、いや、音楽そのものの歴史が変わったのかもしれません。音楽が芸術へと昇華した記念碑的作品だと思います。

当時、これほど演奏時間が長い交響曲はなかったそうです。
(ハイドンやモーツァルトの交響曲は短いですね)

もともとはナポレオンに捧げるために作った曲でしたが、ナポレオンが皇帝となり民衆支配に心変わりしたことに怒ったベートーヴェンは、《英雄(エロイカ)》というタイトルに書き変え、ナポレオンに捧げることをやめたという話ですね。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:ウィルヘルム・フルトヴェングラー 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1952年 アナログ モノラル)
フルトヴェングラーのCD全体に言えることですが、録音がかなり古く音が良くありません。しかもこのCDはモノラル録音です。普通ステレオでは左右それぞれのスピーカーから別々の音がなることで広がりをつくるのですが、モノラル録音なので、左右のスピーカーから同じ音が鳴ります。と、録音状態についてはあまり好ましくありませんが、それでもこの演奏には感動させられるものがあります。名演奏です。しかし初心者の方がはじめて聴くのには音質的にあまりおすすめしません。

アマゾンで確認


指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音:1975-77年 アナログ) 
4つあるカラヤンのベートーヴェン交響曲全集のうち最高とされる70年代版です。僕はこのカラヤンの「英雄」を何十回聴いているかわかりません。とにかく何か聴こうと思うと、まずはこれを聴いてしまうという感じで、毎日聴いてもあきません。初心者さんにもオススメです。輸入版CDがお得です。

アマゾンで確認


指揮:ジョン・エリオット・ガーディナー 演奏:オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク

(録音:1993年 デジタル 輸入版) 
ガーディナー指揮によるベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」の演奏は、鋭くキレのある古楽器の音色の特色がよく出ていて、すごくいきおいのあるベートーヴェン演奏だと思います。最初から最後まで迫力のある演奏で、素晴らしいです。かなりおススメできます。輸入版はかなり安くてお徳です。

アマゾンで確認


指揮:フランス・ブリュッヘン 演奏:18世紀オーケストラ

(録音199*年 デジタル録音)
僕はとにかくこのブリュッヘン指揮のベートーヴェン交響曲第3番「英雄」が大好きです。こちらも古楽器による演奏ですが、第一楽章はフルトヴェングラーのようなゆったりとしたテンポをとっているところが特徴的です。でも、そこがまたとても良いんです。何度聴いても、また聴きたくなる素晴らしい演奏で、とっても大好きです。僕が初めて行ったクラシックのコンサートも、ブリュッヘン指揮のベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」でした。ぜひ聴いてもらいたいおすすめの一曲です。

アマゾンで確認

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ 演奏:ドイツ・カンマー・フィルハーモニー・ブレーメン

(録音:2005年 デジタル) 
古楽器とモダン楽器の両方を使用した演奏で、よく筋肉質なんて表現がされるほど、音が引きしまっていてタイトな演奏ですが、洗練されたスピード感のあるベートーヴェンとして、従来の重厚なベートーヴェンとは違う新たな音の表現の可能性を感じさせてくれます。SACDハイブリットなので、高音質5チャンネルでの再生ができますが、2チャンネルのCD再生でも充分に聴き応えのある演奏です。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ