チャイコフスキー 「交響曲第5番」

チャイコフスキー ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
(1840年5月7日 - 1893年11月6日) 【ロシア】

19世紀ロシアの作曲家。バレエ音楽「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」などで知られる。 《引用:http://ja.wikipedia.org

チャイコフスキー 「交響曲第5番」について

この交響曲第5番はチャイコフスキーの後期交響曲のなかでも、とても希望に満ちた響きを持つメロディですね。何か暗雲立ち込めるような暗い雰囲気から始まりますが、それがどんどんと明るい光に満ちた響きへと変わっていくところが大好きです。
少し元気がないときにこの曲を聴くだけで、とても力が湧いてくるから不思議です。
もちろん曲から受け取るイメージは人それぞれですけどね。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン 演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1971年 アナログ)
やはりチャイコフスキーの交響曲といえば、カラヤンですね。スタジオ録音ですが、ライブ以上のこの迫力。すごいです。カラヤンの場合、1980年代にウィーン・フィルとのデジタル録音版もありますが、僕はこちらの1971年版のほうが迫力があっておすすめしたいです

アマゾンで確認


指揮:ワレリー・ゲルギエフ 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1998年 デジタル)
さきほどのYouTubeの映像もゲルギエフでした。こちらはウィーン・フィルとのライブ録音です。ウィーン・フィルの演奏力とゲルギエフのパワフルさが圧巻の演奏ですね。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ