オルフ 「カルミナ・ブラーナ」

カール・オルフ カール・オルフ
(1895年7月10日 - 1982年3月29日) 【ドイツ】

ドイツの作曲家。ミュンヘンに生まれ、同地で没した。カール・オルフは作曲家としてジャンルを特定させない特異性を持っていた。彼の作風は独自のジャンルを作り出しているからである。オルフ自身は、自分の音楽劇を、しばしば『世界劇』 と呼んでいた 《引用:http://ja.wikipedia.org

オルフ 「カルミナ・ブラーナ」について

声楽と呼ばれるものです。わかりやすく言えば合唱、コーラスですね。
オルフのカルミナ・ブラーナは、格闘技の入場曲にも使われる気迫のある曲ですね。

まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう!



名盤CDセレクション

指揮:オイゲン・ヨッフム 演奏:ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団

(録音1967年 アナログ録音)
ヨッフム指揮、ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団によるオルフの「カルミナ・ブラーナ」は名盤中の名盤とされていますね。

アマゾンで確認


指揮:アンドレ・プレヴィン 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1993年 デジタル)
プレヴィン&ウィーン・フィルというとても相性の良い組み合わせでの「カルミナ・ブラーナ」です。

アマゾンで確認


指揮:小澤征爾 演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

(録音1988年 デジタル)
小澤征爾がベルリン・フィルを指揮して高い評価を受けた「カルミナ・ブラーナ」です。スピード感のある演奏で迫力があります。この曲の持つ中世の雰囲気を表現できているかというと少し違うのかもしれませんが…。

アマゾンで確認

アマゾン☆ランキング


サブコンテンツ

このページの先頭へ