「名曲名盤」の記事一覧

チャイコフスキー 「弦楽セレナード」

チャイコフスキーがモーツァルトへの敬愛から書いた4楽章からなる曲ですね。 弦楽、つまりヴァイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの弦楽器だけで構成されたオーケストラによって演奏される曲で、交響曲よりも小規模なによる演奏形・・・

▼チャイコフスキー 「弦楽セレナード」

ベートーヴェン 「交響曲第6番《田園》」

「ジャ・ジャ・ジャ・ジャーーン!」でおなじみの運命(交響曲第5番)と同時に作曲された曲のようです。なので運命とはとても対照的な印象を持つ曲ですね。 ベートーヴェン自身がつけたタイトル「田園」が示すイメージそのままに、おだ・・・

▼ベートーヴェン 「交響曲第6番《田園》」

モーツァルト 「セレナード第13番≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫」

この曲のメロディは知らない人はいないんじゃないでしょうか?ってぐらい超有名な曲ですね。4つの楽章のメロディがそれぞれ有名ですし、たぶんモーツァルトのなかでもピアノ曲などを除くと管弦楽曲のなかでは一番世間一般に知られている・・・

▼モーツァルト 「セレナード第13番≪アイネ・クライネ・ナハトムジーク≫」

モーツァルト 「交響曲第41番《ジュピター》」

モーツァルト最後の交響曲です。モーツァルトは1791年にレクイエムを作曲中に35歳という若さでこの世を去ってしまいます。そんなモーツァルトがその数年前の1788年の6月から8月のわずか3か月で、3つの交響曲を次々に書きあ・・・

▼モーツァルト 「交響曲第41番《ジュピター》」

モーツァルト 「交響曲第40番」

モーツァルトの三大交響曲のひとつと呼ばれる交響曲です。モーツァルトが35歳でこの世を去る数年前のわずか3か月で書きあげた最後の3つの交響曲のうちのひとつです。 第40番はモーツァルトにしては珍しく短調(マイナーコード)で・・・

▼モーツァルト 「交響曲第40番」

モーツァルト 「交響曲第35番<ハフナー>」

はじめてトランペットとティンパニが音に加えられた作品。それによりモーツァルトの音楽に迫力とスケールが加わった感がありますね。 まずはYouTubeでどんな曲か聴いてみよう! アバド指揮、モーツァルト管弦楽団による演奏 名・・・

▼モーツァルト 「交響曲第35番<ハフナー>」

ワーグナー 「管弦楽曲集」

ワーグナーは舞台音楽劇(オペラ)を中心に活躍した作曲家ですね。 ワーグナーはそれまでのオペラとは違う新しい舞台音楽劇を作り出しました。基本的に劇のあいだは幕が降りるまで音楽が途切れることはありません。 舞台の情景や雰囲気・・・

▼ワーグナー 「管弦楽曲集」

ショスタコーヴィチ 「ジャズ組曲(第2番 第2ワルツ)」

僕はこの曲が大好きです。昔テレビの深夜放送のテーマ曲として使われていて何の曲だろうとずっと気になっていたのですが、ショスタコーヴィチのジャズ組曲のなかのひとつの曲だったというわけです。 ジャズ組曲は第1番と第2番の二つの・・・

▼ショスタコーヴィチ 「ジャズ組曲(第2番 第2ワルツ)」

ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会(ワルツ)」

『仮面舞踏会』は劇のために作られた音楽ですね。ワルツ、ノクターン、マズルカ、ロマンス、ギャロップの5つの曲を作曲したそうです。そのなかでも最も有名なのはワルツですね。 2010年に開催されたバンクーバーオリンピックにおい・・・

▼ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会(ワルツ)」

マーラー 「交響曲第9番」

マーラーが生前に完成させた交響曲は9つですね。なので、この交響曲第9番が最後の交響曲ということになりますね。交響曲第10番というのもあるのですが、こちらは執筆中にマーラーが他界したため未完成に終わりました。 しかし実は本・・・

▼マーラー 「交響曲第9番」

一覧から探す


サブコンテンツ

このページの先頭へ