「名曲名盤チャイコフスキー」の記事一覧

チャイコフスキー 「弦楽セレナード」

チャイコフスキーがモーツァルトへの敬愛から書いた4楽章からなる曲ですね。 弦楽、つまりヴァイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバスの弦楽器だけで構成されたオーケストラによって演奏される曲で、交響曲よりも小規模なによる演奏形・・・

▼チャイコフスキー 「弦楽セレナード」

チャイコフスキー 「ピアノ協奏曲第1番」

いやぁ~、これもまさにクラシック音楽の代名詞みたいな有名曲ですね。 この出だしのフレーズ、知らない人はいないんじゃないでしょうか? 出だしからいきなりこんなに盛り上がっていいんですか?チャイコフスキーさん?って感じですね・・・

▼チャイコフスキー 「ピアノ協奏曲第1番」

チャイコフスキー 「交響曲第6番《悲愴》」

チャイコフスキーの交響曲第6番《悲愴》は、とても暗い印象とともにまるで消えゆくようなエンディングを迎える曲です。 奇遇にもチャイコフスキーはこの曲を発表したあと、わずかしてこの世を去ります。まるでこの曲のラストがチャイコ・・・

▼チャイコフスキー 「交響曲第6番《悲愴》」

チャイコフスキー 「交響曲第5番」

この交響曲第5番はチャイコフスキーの後期交響曲のなかでも、とても希望に満ちた響きを持つメロディですね。何か暗雲立ち込めるような暗い雰囲気から始まりますが、それがどんどんと明るい光に満ちた響きへと変わっていくところが大好き・・・

▼チャイコフスキー 「交響曲第5番」

チャイコフスキー 「交響曲第4番」

チャイコフスキーの交響曲の場合、第4番~第6番までを後期交響曲とか呼ばれたりしていますね。 チャイコフスキーといえば、3大バレエ曲のように美しいメロディと、感情の隆起や抑揚とも言えるウネリが、その魅力ではないでしょうか。・・・

▼チャイコフスキー 「交響曲第4番」

チャイコフスキー 「バレエ《白鳥の湖》」

チャイコフスキーの3大バレエのひとつ「白鳥の湖」。なんとこの有名なバレエ作品は、初演が大失敗に終わったそうで、チャイコフスキーが生きているあいだには再演されることがなかったそうです。もちろん今ではバレエの代名詞と言えるほ・・・

▼チャイコフスキー 「バレエ《白鳥の湖》」

チャイコフスキー 「バレエ《眠りの森の美女》」

チャイコフスキーの3大バレエのひとつ、「眠りの森の美女」は、ひとつまえの作品「白鳥の湖」での初演失敗に意気消沈したチャイコフスキーが、再起をかけて作曲した名作ですね。この作品は初演から高い評価を受けました。 またディズニ・・・

▼チャイコフスキー 「バレエ《眠りの森の美女》」

チャイコフスキー 「バレエ《くるみ割り人形》」

クリスマスの夜に起こる不思議なファンタジーのバレエのために書かれた曲です。 このバレエはね、着ぐるみのねずみと、くるみ割り人形が戦ったりするシーンなんかもあって、とっても面白いンですよ^^ 音楽もまさに有名な曲のオンパレ・・・

▼チャイコフスキー 「バレエ《くるみ割り人形》」

一覧から探す


サブコンテンツ

このページの先頭へ